接骨院・整骨院での超音波エコー観察装置の必要性

(株)メディケアーでは、ロコモ計測・観察装置を実際に体験していただける様、デモンストレーションを行っております。

 

最近では接骨・整骨院様からのお問い合わせも多く、お伺いする機会が増えました。
その中で、これからエコー装置を導入するにあたっての必要性を話して下さいます。
その一つとしては、患者さんとのコミュニケーションツールです。
患者さんの中には、体の痛みに対してご自身で症状を決めて来られる方もいるそうで、実際に目で見てわかるものがあれば、症状に対しての共通理解が得られると。
また、経過観察もわかるため施術の結果もわかります。

 

もうひとつは患者さんが怪我をしたときに通院しやすいように導入したいとのこと。実際に怪我をされた患者さんはまず初めに治療には“どこに行くか”と考えます。その時に検査をして自分の体の状態を目で見てわかる機器がある場所に行こうとします。

 

そして、他院との差別化です。接骨院・整骨院が多く並ぶ地域では、エコー装置を目玉として看板に掲げている院さんもあります。

 

これから益々需要が高まりそうです。

 

エコー装置にご興味がありましたら気軽にご連絡ください。

 

ロコモ計測・観察装置JA6についてはこちらから

 

ロコモ計測・観察装置JS2についてはこちらから