アルツハイマー病

初期には、少し前の記憶がなくなるもの忘れが現れる
「アルツハイマー病」では、「もの忘れ」が特徴的な症状として現れます。アルツハイマー病は認知症の原因となる病気の中で最も多く、約半分を占めているとも言われています。

日本では、アルツハイマー病の患者数は増加傾向にあります。現在、65歳以上の人の約3.4%がアルツハイマー病で、患者数は約120万人と推計されます。

症状は「記憶障害」から始まりますが、次第に日常的な動作ができなくなり、進行すると話すことも歩くことも困難になります。寝たきりになって、「肺炎」などの合併症を起こして命にかかわることもあります。発病からの生存期間は、多くの場合3~5年ほどです。
“親がアルツハイマー病だと、自分もなりやすいのではないか”と考える人がいます。確かに遺伝が関係するタイプのアルツハイマー病もありますが、全体のわずか1%ほどです。アルツハイマー病は、基本的に遺伝性の病気ではあり
ません。ただ、遺伝子の研究が進むことで、アルツハイマー病に関係する遺伝子の存在が、次々と明らかになってきています。

アルツハイマー病は徐々に進行していく病気です。そのため、進行の段階によって、異なる症状が現れます。進行段階は、「軽度」「中程度」「高度」の3段階に分けられます。「認知機能テスト」である「MMSE]の点数で見ると、30点満点中、軽度では23-17点、中程度は19-10点、高度では13点以下程度です。

◇軽度の段階の主な症状
少し前の出来事を脳にメモしておくような機能が損なわれ、記憶障害が現れるようになります。そのため、同じ質問を何度も繰り返したり、物をどこかに置き忘れたり、約束したこと自体を忘れたりします。また、年月日があやふや
になってきます。このような症状のため、働いている人では、失敗を繰り返して仕事に支障を来すようになります。
主婦では、同じ物をいくつも買ってしまったり、毎日同じ料理を作り続けたり、火の不始末を起こしたりするなど、買い物や食事の準備での失敗が多くなります。

◇中程度の段階の主な症状
自分のいる場所が分らなくなるため、初めは家から遠い場所で道に迷うようになり、次第に近所でも迷うようになります。また、1人での買い物や、季節に合った衣類を選ぶことができなくなります。入浴することを忘れ、何日も入浴しないというようなことも起こります。自動車の運転も危なくなります。
感情の起伏が激しくなって、大声を出したり、睡眠障害がおこったりします。

◇高度の段階の主な症状
人物が分らなくなって、夫や妻、自分の子どももわからなくなります。目的をもった行動がとれなくなるため、衣類をきちんと着たり、入浴時に体を洗ったり、排便後にきちんと拭いたりすることができなくなります。トイレの場所
も分らなくなり、尿や便の失禁が生じます。
言葉が失われていき、使える言葉が減ってきます。歩行能力も低下して、寝たきりになることもあります。