日常診療で血管機能を診る新たなステージへ

PASESA(パセーサ)/Shisei datum
Shisei datum

日常診療で血管機能を診る。心血管リスク管理は新しい提案

【本体価格】¥1,280,000-(プリンターセット)

(独)産業技術総合研究所/(独)理化学研究所との共同研究開発から生まれた確かな原理/理論に基づく2つの血管指標
API(Arterial Pressure volume Index)
AVI(Arterial Velocity pulse Index)

特長

PASESA4つの特徴
片腕座位 測定2分
レポート印刷 結果説明
片腕座位 測定2分
レポート印刷 結果説明
測定原理
API(Arterial Pressure volume Index)の原理
カフの減圧によって、柔らかい血管は動脈容積が急激に変化するのに対し、硬い血管は動脈容積が穏やかに変化します(下図)。この曲線の傾き度合いを指標化します。 カフ圧の圧力データから、カフ圧一動脈容積の関係を求め、逆正接関数A・tan−1(BX+C)+Dで近似します。 API=1/Bと定義しました。
AVI(Arterial Velocity pluse Index)の原理
AVIは、最高血圧以上の高いカフ圧における脈波の特徴を指標化しました。下図の上側波形はカフ圧脈波で、下側はその微分波形(速度波形)です。カフ圧脈波は、加齢・動脈壁硬化による反射波成分の増加により、収縮期 後期波系が増大し、その後の立ち上がりが急峻なカーブとなります。この脈波形状の変化を捉えるために、微分波形のピーク振幅比(Vr/Vf)を指標化しました。 AVI=(Vr/Vf)×20 API=1/Bと定義しました。
API(Arterial Pressure volume Index)の原理
カフの減圧によって、柔らかい血管は動脈容積が急激に変化するのに対し、硬い血管は動脈容積が穏やかに変化します(下図)。この曲線の傾き度合いを指標化します。 カフ圧の圧力データから、カフ圧一動脈容積の関係を求め、逆正接関数A・tan−1(BX+C)+Dで近似します。 API=1/Bと定義しました。
AVI(Arterial Velocity pluse Index)の原理
AVIは、最高血圧以上の高いカフ圧における脈波の特徴を指標化しました。下図の上側波形はカフ圧脈波で、下側はその微分波形(速度波形)です。カフ圧脈波は、加齢・動脈壁硬化による反射波成分の増加により、収縮期 後期波系が増大し、その後の立ち上がりが急峻なカーブ となります。この脈波形状の変化を捉えるために、微分波形のピーク振幅比(Vr/Vf)を指標化しました。 AVI=(Vr/Vf)×20 API=1/Bと定義しました。

製品仕様

種 類
医用電子血圧計AVE-1500
測定原理 オシロメトリック法 寸 法 231(w)×306(D)×230(H)mm
圧力測定範囲 0-300mmHg 電 源 3AC100V50/60Hz1.5A
脈波測定範囲 20-199bpm 質 量 約5.4㎏
圧力検出 拡散型半導体圧力センサー 加圧方式 ポンプによる自動加圧方式
承認番号 22300BZX00424000
測定原理 オシロメトリック法
寸 法 231(w)×306(D)×230(H)mm 圧力測定範囲 0-300mmHg
電 源 3AC100V50/60Hz1.5A
脈波測定範囲 20-199bpm
質 量 約5.4㎏
圧力検出 拡散型半導体圧力センサー
加圧方式 ポンプによる自動加圧方式
承認番号 22300BZX00424000

消耗品・オプション

消耗品 オプション
専用(プリンター)用紙 専用架台
消耗品 専用(プリンター)用紙
オプション 専用架台