終末糖化産物測定器

AGE READERmu/Selista
Selista

測定時間わずか12秒
簡単操作で非侵襲的に測定。

【希望価格】¥1,400,000-

AGE Readerは、循環器疾患や糖尿病疾患などで生成が亢進される終末糖化産物(AGEs:Advanced Glycation End Products)を簡単操作でありながら非侵襲かつ短時間で測定可能な測定器です。
AGEsの多くは自家蛍光を発していることから、表皮および真皮層約1㎜に沈着しているAGEsの自家蛍光量(AF:autofluorescence)として算出します。

特長

簡単・短時間にAGEsを測定できる「AGE Readermu」
一部のAGEs(ペントシジン・クロスリン・ピロピリジなど)はその構造に由来する特異的な蛍光を発生します。この蛍光は人間の目には見えませんが、特殊な機械で測定する事ができます。「AGE Reader」は、AGEsが蛍光を発するという性質を利用して、体内に蓄積されたAGEs量を測定する機械です。実際に、「AGE Reader」により、前腕の皮膚から発せられる自家蛍光量(skin autofluoresence)値を非侵襲的に(痛みを伴わずに)、短時間で(12秒程度)測定することができます。
従来のAGEs測定では、患者さんの皮膚を小手術によって取ってくる必要がありました。ずいぶんとAGEs測定が簡単になったことがお分かりになられると思います。ちなみに、手術で取ってきた皮膚組織中のAGEs量と「AGE Rrader」で測定した自家蛍光値がきれいに相関することも確認されています。現在、「AGE Reader」の国内の納入数は300台を超え、全世界では4,500台を突破しました。「AGE Reader」を使用した論文も国内外で400報を超え、今やAGEs測定のゴールデンスタンダードになりつつあります。
AGEsは世界で最も注目されている老化物質の一つ
終末糖化産物/AGEs(Advanced Glycation End-products)(エージーイー)は、グルコース(ブドウ糖)やフルクトース(果糖)などの単糖タンパク質・脂質・核酸などのアミノ基と非酵素的に糖化反応を起こし、形成・蓄積される老化物質です。加齢や糖尿病・メタボ・腎障害などの生活習慣病を抱えた患者さんでは、AGEsの形成・蓄積が亢進することが知られています。また最近になり、AGEsは食事からも体内に取り込まれることがわかってきました。これまでの多くの臨床検査によりAGEsの蓄積が、糖尿病・心血管病・がん・骨粗鬆症・アルツハイマー病・更年期障害・歯周病・脂肪肝・腎障害・筋力の低下・老け顔など実に多岐にわたる生活習慣病や老年兆候と関連することが報告されています。AGEsは世界で最も注目されている老化物質の一つだと言えます。
AGEs測定器選定のポイント
・厚生労働省から医療機器の認証を受けている
・年齢と良好な相関性を示す論文が多数ある
・組織生検(Biopsy)と良好な相関を示す論文がある。
・エビデンスが豊富にある
・糖化年齢・リスク度合いを評価できる

製品仕様

種 類
終末糖化産物測定器
測定対象 ヒト前腕部 電 源 AC100V 50/60HZ
測定時間 約12秒 寸 法 210(W)×193(D)×81(H)mm
操作画面 3.5インチタッチパネルディスプレイ 重 量 0.75kg
分類 医療機器クラス分類:クラス1(一般医療機器)13B3X10261000001
測定対象 ヒト前腕部 電 源 AC100V 50/60HZ
測定時間 約12秒 寸 法 210(W)×193(D)×81(H)mm
操作画面 3.5インチタッチパネルディスプレイ 重 量 0.75kg
分類 医療機器クラス分類:クラス1
(一般医療機器)13B3X10261000001

消耗品・オプション

消耗品 オプション
手書き用レポート台紙 延長保証1年
販促用三つ折りパンフ
消耗品
手書き用レポート台紙
販促用三つ折りパンフ
オプション 延長保証1年