骨を診る製品

骨はあなたの人生を支えます

生理的な骨量減少による骨粗鬆症の発症を抑えるためには、20代から40代前半までの最大骨量をなるべく高いレベルにしておくことが重要になります。若い時期の食生活や運動の有無が大きな影響を与えることになり、若い時の生活習慣が重要になります。女性は出産や月経などで骨の中のカルシウムが失われるので、一般的に最大骨量は女性のほうが低くなっています。男性と同じ割合で骨量が減少すると、女性のほうが早く骨粗鬆症の領域に達しますので、女性に骨粗鬆症が多い一つの理由になります。日頃から骨を強くする習慣を心がけましょう。

骨を診る製品比較

骨ウェーブ

骨ウェーブ

おすすめ導入先

  • 薬局・薬店
  • 企業
  • 官公庁

おすすめポイント!

  • ・約15秒で簡単にセルフチェックができます
  • ・音声ガイド付きタッチパネルモニター
  • ・測定データも保存できます
測定内容 ・骨の強さ
測定部位 ・手首(橈骨)
測定原理 ・超音波パルス透過方式
区  分 ・非医療機器
この製品の詳細へ

Benus evo

Benus evo

おすすめ導入先

  • 医療機関・検診機関
  • 企業
  • 官公庁

おすすめポイント!

  • ・見やすいカラー液晶タッチパネルを採用
  • ・プリンター内蔵(スタンドアロンタイプ)測定結果をプリントアウト
測定内容 ・骨梁面積率
測定部位 ・かかと(踵骨)
測定原理 ・超音波パルス反射法と超音波パルス透過法
区  分 ・非医療機器
この製品の詳細へ

OSTEOproスマート

OSTEOproスマート

おすすめ導入先

  • 医療機関・検診機関
  • 企業
  • 大学

おすすめポイント!

  • ・高性能で低価格
  • ・測定時間わずか15秒
  • ・最大10万人分のデータ保存可能
測定内容 ・Z-score同年齢グループとの比較値
・T-score20歳のデータに対する比較値
測定部位 ・かかと(踵骨)
測定原理 ・超音波パルス方式
区  分 ・医療機器
この製品の詳細へ